保険でマッサージができるって知ってましたか?訪問マッサージについて

「保険でマッサージができます」というと

「え!?マッサージって保険効くの?」ってほとんどの方が言われます。

この制度は、知ってる方がまだとても少ないです。

実際にはある条件の患者さんに関しては保険適用がされます。

その条件を記載してゆきます。

 

<保険マッサージの対象となる方>

 

まず保険適用のマッサージの対象となる方は、「自力で歩行困難な方

つまり「病院まで自力で歩いてゆけない方」というのが条件です。

ですので、必然的にその患者さんのご家庭に【マッサージ師が訪問してマッサージをする】ことになります。

この「自力で歩行困難」にあてはまる方をちょっと想像してみましょう。

まず浮かぶのは、ご高齢者の方です。寝た切りに近い状態のご高齢者は現在潜在的に地域ごとにかなりの数になります。

このようないわゆる「寝たきり」の状態が続きますと

間接は拘縮(ちじむ)しますし、変形を起こしやすい状態にあります。

筋肉は委縮(ちいさくなる・おとろえる)という状態になりやすくなります。

またご高齢者の方だけでなく、「歩行困難」な方はさまざまにわたります。

例をあげれば、脳梗塞・脳出血などの後遺症、パーキンソン氏病、脊髄の損傷など、あげればきりがない状態です。

このような方が、間接拘縮や筋委縮の予防・改善を行うのに、保険適用の「訪問マッサージ」は有効です。

訪問マッサージでは、マッサージを通じて血行の改善を図ります。

血液には栄養素が多くながれますので、結構がよくなると、体自体の修復力も高まるということになります。

このマッサージが保険適用で個人負担料金は安価で行われますので、該当する方やご家族の方は

まず「保険適用で訪問によるマッサージを行うことが可能である」ということをまずは頭に入れておかれるのが

よいと思います。詳しい手続きや、あなたの地域の訪問マッサージ師の探し方については次の記事をご覧くださいね。

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る