訪問マッサージの流れ(手続き・必要書類など)

「訪問マッサージが、よいことなのはわかったのだけど

具体的にはどんな手続きや必要書類があるのだろう

そんな疑問に今回はお答えします。

<訪問マッサージ師のカウンセリングからはじまります>

まず訪問マッサージに電話すると、個人、法人など会社や地域によって規模もやり方も違うのですが

おおまかにこうではないかということを書いておきますね。

訪問マッサージ師はまず、ご自宅にお邪魔して、いわゆる「カウンセリング」というものを行います。

具体的には

・患者さんの状態の把握 ・訪問マッサージを週何回・何時からどのように行うか、患者さんと家族の方との予定調整 ・医師の同意書説明

などです。

この中で皆さんになじみがないのは

・医師の同意書の説明

だと思います。

マッサージ師は基本厚生労働省認定の国家資格なのですが、マッサージ師自体に診断権というのはありません。

ですので、訪問マッサージを行うには地域の医師の同意が必要なのですね。

これは、簡単に説明しますと

「お医者さんがこのマッサージを同意します。」という書類なのです。

これは、ふつう1枚の紙になっていて、基本的に患者さんや患者さんのご家族が、かかりつけのお医者さんに

「このマッサージを受けたいのですが、同意書を書いてもらえますか?」という感じで持っていってもらうものです。

この同意書発行は、保険適用なので100円~300円程度です。

ですので、この医師の同意書が、地域のかかりつけのお医者さんから書かれてから第1回目のマッサージがはじまります。

ですので流れをまとめますと

①訪問マッサージ師がカウンセリングで訪問し週間の訪問日程などの調整をする、この際、患者さんもしくはご家族に同意書がわたされる

②患者さん、もしくはご家族が、かかりつけのお医者さんのところに行き、同意書を発行してもらう。

③この同意書が発行されたことを訪問マッサージ師(会社)に報告

④調整された日程に合わせて第1回目の訪問マッサージが行われる

ということになるわけですね。家庭でできる訪問マッサージ。該当する方は受けてみてはいかがでしょう。

次回は、気になるその料金や施術時間についてのお話です。